H1

ソフトウェアエンジニア「片山孝太」

コンテンツ
ソフトウェアエンジニア お客様と毎日話し合うことで、改善策が見えてくる。 生産本部 ソフトウェアエンジニア 入社歴:10年目 片山孝太さん

Q.入社のきっかけを教えてください。

大学で所属していた研究室の教授と、弊社の営業の方が仕事でつながっており、教授に薦めていただいたのが弊社を知ったきっかけです。
大学では工業デザインの勉強をしており、当初は研究内容と少し異なるのでは?という思いで入社試験を受けにいきました。が、実際に会社に訪れてみて、最先端の測定器を扱っていることを知り、衝撃を覚えました。

Q.今の職種を選んだ理由を教えてください。

学生時代から機械やパソコンが好きでした。
大学の研究室でも、ずっとパソコンを扱っていたこともあり、最初からパソコンを扱う仕事がしたいと思っていました。測定器を使うようになったのは入社してからですが、測定器もパソコンを使って作業するものなので、会社ではそれを扱うエンジニアをしております。

Q.現在の仕事内容は何ですか?

これまでは営業と一緒にお客様のところに伺い、測定器のデモンストレーションをし、それぞれにあったニーズを聞いて測定器の選定や、解析方法を紹介するなどの仕事をしていました。
お客様によって、それぞれ測定結果で出してほしいものが異なるので、実際に行って紹介をします。
その他に、ユーザーサポートというところで測定器のメンテナンス、ソフトウェアの問い合わせ対応などを行っていました。
他には、測定器自体の検証作業やデータ解析なども社内業務として行っていました。
外出することもあれば、内勤の日もあるという感じで、日によって異なることが多かったですね。

現在は、社外の大手自動車メーカー様へ出向しており、出向先のお客様の困りごとを吸い上げる作業を日々しております。これは、新たな測定器を開発するうえで、とても貴重な仕事です。
なぜなら、どういうものが必要でどういう手法で取り扱ったほうがいいかなどをお客様と毎日話しあうことによって、改善策が見えてくるからです。これを1年間かけてやっている最中です。

Q.入社してから変わったことは何ですか?

入社してから、製品の性能が格段によくなったと難じています。昔はもっとアナログなことも多かったですが、今では日々素晴らしい製品が開発されているなと感じていますね。

Q.仕事をする上で、ポリシーにしていることを教えてください。

「現場に行く」
製品の使い方やトラブルなど、難しい問い合わせがあったときには、それが都内近郊ではなくても現場に出来る限り向かうようにしています。
直接伺うことが解決につながる、一番の近道ですね。

仕事をする上でのポリシー

Q.逆に、大変だなと感じるのはどんなときですか?

弊社で取り扱っている製品はほとんどが海外製のため、トラブルがあったときには、海外の会社とのやりとりをしなくてはならないのが大変です(笑)。
言語にしろ、海外の人の性格にしろ、難しさを感じることの一つですね。
それと、お客様のサポートも難しいです。突発で問い合わせがくることがほとんどのため、一日のスケジュールを立てていても、その通りに動けないことも多いからです。

ある一日のスケジュール
  • 他の先輩社員のインタビュー
  • 採用情報
応募エントリーはこちら