H1

MoveInspect

TBT_汎用DB:詳細

MoveInspect

動きまで測定するポータブルCMM

製品説明

MoveInspect

MoveInspectシステムは、測定対象物に貼られた複数のターゲットの空間座標位置を算出し、対象物の挙動を把握・解析することができるカメラ式ポータブルCMMです。
ダイナミックリファレンス機能により、振動がある現場でも、カメラは振動の影響を受けることなく、対象物本来の動きのみを任意の座標系で算出することが可能です。
カメラは振動解析にも利用できる高速タイプと測定精度を重視した高解像度タイプの2種類から選択でき、これまで把握できなかった動的挙動の定量化を可能にします。

  

  • MoveInspect
  • MoveInspect
  • MoveInspect

製品の特長

  • 複数の点の空間位置を3D(XYZ座標)測定
  • 熱変形や応力変形などの時間変化の変形解析
  • 剛体の位置と姿勢を6D(XYZ座標およびXYZ軸の回転角度)測定
  • 6D測定による位置決め、姿勢も含めた挙動測定
  • ダイナミックリファレンス機能で振動がある場所でも計測可能
  • 外部機器との同期測定が可能
  • 不具合解析や設計修正に必要な動的データを収集
  • 用途に応じて2種類のカメラタイプ
    高速測定タイプ(HFシリーズ)と高解像度タイプ(XRシリーズ)

製品の仕様

※1:500Hz以上のサンプリングも可能ですが、測定エリアが縮小します(1KHzの場合、測定エリアが半分になります)。

MoveInspect XR8 MoveInspect HF4
カメラ解像度 8M 4M
測定周波数 14Hzまで(PC仕様に拠る) 500Hzまで※1
測定範囲(通常時) 1-3m 1-3m
測定範囲(拡張時) 3-5m カスタマイズ
1㎡の一般的精度 ±50μm ±0.1mm
カメラ台数 2 2(可変)
OS Windows® 7 64 bit / Windows® 10 64 bit Windows® 7 64 bit

カタログ

関連ソリューション

関連製品

関連動画