TBT_汎用DB:詳細

AutoGrid comsmart

板金の歪みと板厚を現場で短時間かつ正確に解析

製品説明

AutoGrid comsmart

AutoGrid comsmartシステムは、成形されたパネルの歪解析を行うシステムです。
成形前の板金にあらかじめ作成された格子パターンを、成形後にCCDカメラで撮影することにより、その変形量を計算し、板金の板伸び率、歪みを始めとする各種解析を実施します。
4つのCCDカメラが取り付けられている軽量モバイル測定ヘッドにより1ショット撮影し、グリッドの交点の3D座標計算後、専用ソフトウェアで歪み量、板金厚の減少率、FLC(成形限界曲線)の情報を含めたFLD(成形限界図)を構築し、パネルの成形性を解析することができます。

  
  • AutoGrid comsmart
  • AutoGrid comsmart
  • AutoGrid comsmart

製品の特長

  • ワイヤレスで動作する想定ヘッド
  • 測定ヘッド上のタッチパネルを使い、手元で簡単操作
  • 軽量化された測定ヘッドで操作性が飛躍的に向上
  • 4つのCCDカメラによる同時撮影により測定が簡単(ボタン一つで測定が完了)
  • 専用ソフトウェアにより簡単に歪解析が可能
  • 各測定データをつなげることにより全体の歪傾向の解析が可能
  • 測定ごとのキャリブレーションが不要

製品の仕様

カメラ解像度 5M(カメラ1つあたり)
タッチスクリーンサイズ 5.8インチ
測定範囲 340mm x 390mm(1ショットあたり最大)
焦点距離調整用レーザー クラス2
センサー重量 2.9kg
センサーサイズ 315mm x 315mm x 80mm
計測時間 1/100秒
3次元計測時間 1分あたり15000点
結果表示パターン 歪カラーマップ・歪断面解析・成形限界図(FLD)・成形限界曲線(FLC)
計測可能な数値 公称ひずみ、真ひずみ、ミーゼス相当ひずみ、板厚、板厚減少率、グリッドの交点座標(x,y,z)
出力可能形式 ASCII、AutoForm、Pam-Stamp、LS-Dyna、STL、AutoCAD

関連ソリューション

活用事例

 

関連動画