TBT_汎用DB:詳細

Leica LAS-XLワイドスキャナー

大型ワーク計測・歪、段隙、動的内部欠陥検査・CAD比較

製品説明

Leica LAS-XLワイドスキャナー

世界初 ポータブルCMMスキャンニングシステム Leica LAS-XLワイドスキャナー

  • 人間工学に基づいたデザインのライカ製ハンドヘルド型スキャニングシステムです。
  • LeicaレーザートラッカーAT960との組み合わせで最大で直径60m(AT960-XRの場合)の測定範囲内で測定が可能
  • 最大468㎜のスキャニング幅を持つワイドスキャナで大型構造物の測定時間の短縮化を実現します。

自動車・航空機・大型構造物等様々な計測アプリケーションに対応

  
  • Leica LAS-XLワイドスキャナー
  • Leica LAS-XLワイドスキャナー
  • Leica LAS-XLワイドスキャナー

製品の特長

  • AT960による自動認識機能
  • 様々なフィードバック機能
  • 人間工学に基づいたデザイン
  • 軽量化されたセンサー(重量:940g)
  • 光沢面の測定に強い(LASスキャナ)
  • IP50規格に対応(防塵機能)
  • 長いスタンドオフ
  • 広いスキャニング幅と細かい点間ピッチ
  • バッテリー使用が可能

製品の仕様

スタンドオフ(焦点距離) 700mm
スキャニング幅 最大468mm*
サンプリングレート 143,000点/秒
最小点間ピッチ 0.045mm*
センサー重量 960g
レーザークラス クラス2

*計測モードに拠ります

関連ソリューション

関連製品

関連動画