H1

spScan

TBT_汎用DB:詳細

spScan

高品質な自由曲面を作成するリバースエンジニアリングソフトウェア

製品説明

spScan

非接触三次元形状測定データからNURBS曲面を作成するリバースエンジニアリングソフトウェアです。
主な機能
  • 点群データの最適なポリゴン化
  • ポリゴンの自動修正(穴埋め・スムージング・間引きなど)
  • ポリゴンの自動グルーピング ・基本面自動作成 ・自動曲面作成
  • フィレット曲面作成 ・角出し(曲面)
  • 曲面最適化(曲面→ポリゴンへのフィッティング)
  • ポリゴンと曲面の誤差解析カラーマップ
  

製品の特長

リバース手法のバリエーション
基本処理の流れ

曲面の作成/編集
境界線と測定点群から自動もしくは手動で面を作成することが可能です。自動作成の場合、内挿面、トリム面をシステムが自動で判断します。ベース曲面のタイプとして平面、円柱面、自由曲面等を指定することが可能です。

曲面・フィレット面
曲面、フィレット面を作成します。

ぼかし面
ぼかし部の曲線を整え、曲面を作成します。

角出し
曲面間のピン角を作成します。

R指定フィレット面
半径を指定してフィレット面を作成します。

プリミティブ面
プリミティブ曲面を作成します。

自動パッチ
面品質(構成)にこだわらない用途に対して、4辺パッチの網目状の曲面で構成される曲面群を自動で作成することができます。
ポリゴン編集機能
測定点群から作成されたポリゴンをリバース目的に合わせて編集します。

間引き
ポリゴンの頂点数を減らします。

島削除
ポリゴンを島単位で削除します。

部分削除
曲面間のピン角を作成します。
曲線の作成/編集
ポリゴン曲率グループの境界線からCADデータとしての境界曲線を自動で作成します。リバース目的に応じて、面の再分割や曲線の編集を行います。

自動曲線編集
折れ線などから滑らかな曲線を作成します。

曲線円弧化
曲線を円弧に近似します。

フリー曲線作成
フリー曲線を作成/編集します。
部分リバース
CADデータを利用すれば、素早く簡単に、ポリゴンと誤差がある曲面のみを作成できます。部分リバース機能には曲面最適化、曲面フィットがあります。

部分リバース
修正箇所の曲面のみ削除し、周囲との連続性を保ちながら部分的に曲面作成します。

曲面最適化
CAD曲面を、ポリゴンとの誤差が最小となるように、最適化を行います。
リバース面評価
作成されたリバース面が目的に合っているか評価できます。主な評価機能は、ポリゴンとの誤差カラーマップ、面間誤差、面間角度、ゼブラマップ等があります。

誤差カラーマップ
ポリゴンとの誤差をカラーマップ表示します。

面間距離
曲面間の距離を表示します。

面間角度
曲面間の角度を表示します。

関連ソリューション

ユーザー事例

関連製品