H1

自動車パネル溶接工程前のクランプ作業の最適化

TBT_汎用DB:詳細

自動車パネル溶接工程前のクランプ作業の最適化

自動車パネル溶接工程前のクランプ作業の最適化

課題

自動車の製造過程では車体やパネル・フレームなどに溶接などの加工工程が付きものですが、このような工程の段取りとして、クランプなどの固定作業が発生します。クランプの順番が最適でないと、加工工程後に内部応力が残留することがあります。この不具合を防ぐためには、固定の順番を最適化したり、固定ポイントの数を最適化するなどの調整が必要です。

ご提案内容

MoveInspectシステムは、測定対象物に貼られた複数のターゲットの空間座標位置を算出し、対象物の挙動を動的に把握・解析することができるカメラ式のCMMです。
ボディパネル・フレームなどの観測したいポイントにターゲットを貼付し、MoveInspectで観測することで、クランプ作業に起因する点の歪みを確認することができます。この観測データから固定の順番を最適化したり、固定ポイントの数を最適化することができます。
また、ダイナミックリファレンス機能により、振動がある現場でも、ほとんど影響を受けずに、観測することが可能です。

システム構成

システムイメージ


クランプによる歪み

関連製品

関連動画