お知らせカテゴリー年数
お知らせ表示(下層)

TTS25周年プライベートショー基調講演:広島大学 教授 茨木氏
『産業ロボットの絶対的位置決め精度を可動領域全体で保証する測定・補正技術』

イベント情報
講演テーマ
『産業ロボットの絶対的位置決め精度を可動領域全体で保証する測定・補正技術』

広島大学大学院工学研究科
機械システム工学専攻 教授 茨木氏



産業用ロボットはティーチングでプログラミングされることがほとんどの ため,通常は運動の再現性だけが求められ,3次元空間内における指令位置と 実際の位置の差,つまり「絶対的」位置決め精度に対する要求は高くない。
しかし,絶対的位置決め精度を可動領域全体で保証することができれば, 最終的には,ティーチングによらず,3次元モデルだけを使ってプログラミング でき,ロボットの応用範囲を大きく広げる可能性があると考える。
我々は,レーザトラッカを使った3次元運動精度の測定技術と,工作機械の 「空間誤差」補正技術の考え方を,ロボットに拡張することで,これを目指す 研究を行っており,その成果を報告する。



基調講演とプライベートショーの聞き所、見どころ

ロボットの位置決めの高精度化が必要となった大きな背景として、製造工程をより自動化するために、高精度が要求される組立や、加工をロボットにさせたい、と言うニーズが増えた為と考えます。
ロボットの「絶対的」位置決め精度の向上を図るために、Leicaレーザートラッカーは使用されています。 25周年セミナー・実機デモンストレーションでは、ロボットキャリブレーションやロボット教示補正、更に最新技術のリアルタイムフィードバックのご紹介もいたします。

●目からウロコ!のコスト削減と人手不足の解消に役立つセミナー  
- 大型パーツの組立自動化MAA, リアルタイムフィードバック

●作業効率をアップさせる製品のデモンストレーション  
- ロボットとレーザートラッカーの組み合わせによるリアルタイムフィードバック実機デモ

●関連セミナー・デモ情報
①セミナー番号: S4, 9, 21 - 大型パーツの組立自動化MAA, リアルタイムフィードバック
デモ番号: D21 - ロボットとレーザートラッカーの組み合わせによるリアルタイムフィードバック
②セミナー番号: S9 - ロボットキャリブレーションシステム・教示補正
デモ番号: 同上 D21 - ロボットとレーザートラッカーの組み合わせによるリアルタイムフィードバック

TTS25周年プライベートショーにおきましては、大学・研究機関、産業界等からお招きした来賓者による多彩な講演を予定しております。
また、弊社ソリューションのセミナー、デモを多数ご紹介する予定です。
皆様のご来場をお待ちしております!

TTS25周年記念プライベートショー詳細・お申込みはこちら


一覧へ戻る